« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月28日 (土)

自家製酵母のパン・オ・ショコラとクロワッサン。

26693
[ パン・オ・ショコラ ]
/ライ麦ルヴァン種

自家製酵母のパン・オ・ショコラ。

おまけで2個だけクロワッサン焼きました。

パン・オ・ショコラに巻き込んだバトンショコラは自家製。

焼きこんで溶けづらいレシピにし、

ダークのクーベルチュールと柚子の皮を練り込んだ、

柚子のバトンショコラです。

このまま食べると

恐れ多いこと言っちゃいますが

サダハ○・アオキさんの柚子のボンボン・ショコラにそっくり!

作った自分がびっくりし

お味見に食べた生意気娘も食べてすぐに

これ!
ボンボン・ショコラだ!!!

・・・と娘もびっくり(笑)

そのボンボン・ショコラを・・・・・・違うー、自家製バトンショコラを

くるくるっと2本巻き込んでいます。

26802

パン・オ・ショコラのチョコは

量を多く入れればいいってもんではないのですよ(笑)

私的には2本がベストです。

生地とのバランス、チョコが少なすぎて生地だけでも物足りないし

多すぎてチョコが主役になりすぎてもダメ。

パン・オ・ショコラとしての“美味しい”が大事(笑)。

そんでもって

生地は、サクサクふわふわで美味しいね~のみで終わってはならない。

ザクサクっとしっとりともっちりとちょうど良い肉厚な層が絶対必要。
↑あくまでもわが家好みの話。

かみしめて発酵バターをふくんだ生地と

ほろ苦チョコレートが混ざりあった“味”が好き。

このパン・オ・ショコラ用に作った生地の端っこで

おまけで2個だけ作ったクロワッサンは、

一つはパパが食べちゃって

もう一つは土曜の午前中におやつサンドにして

娘と半分コして食べました。

まずはクロワッサンを半分にカットして

26804

2701

どどんと焼き芋挟むだけ。

細めとは言えさつま芋1本丸ごと入ってます(笑)

お芋はハマって食べている茨城産のシルクスイート。

ちなみに茨城産シルクスイート、

ネットではこちらでもお求めできるようです。

シルクスイートS A品秀ランク(5kg)
茨城産 焼いも サツマイモ 送料無料

このお芋をホイルで包んで

中低温のオーブンでじっくり40分~1時間焼きます。

秘めた甘さをここで思い切り引き出します♪

焼き上がり蜜が絡んだ皮の上から手で優しく揉みますと

しっとりねっとりお芋の香りムンムンのなめらかな甘い餡になるのです。

それをですね

皮ごと丸ごと挟むだけで出来上がり♪

ここで想像をしてください(笑)。

ちょうどよくリベイクしたバリサクなクロワッサンを食べ始めた瞬間に

お芋の香りムンムンの甘い餡と

発酵バターの香りのコラボが口いっぱいに広がります。

想像して下さいと書いておいて

ああっ美味しい・・・また食べたい、と

自分でも焼き芋サンドの味を思い出しながら今日はここまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ankoさん(@bochun_cafe)が投稿した写真 -

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
あんこ著
河出書房新社

楽天
Amazon

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初版部の訂正をお願い申し上げます。

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
シナモンロール内、P63のレシピページの、

巻き込み用シナモンシュガーレシピの
シナモンの量の訂正になります。

誤)60g
正) 6g

よろしくお願い致します。

ご迷惑とお手数をおかけいたします・・・!

ぼっちゅんcafe
あんこ

|

2017年1月21日 (土)

酒粕酵母のクロワッサンとその食事。

26154_2
[ クロワッサン ]
/酒粕酵母

自家製酵母のクロワッサンです。

クロワッサンも、軽いタイプや軽すぎないタイプ、

好みも様々だと思うけれど

私は自家製酵母のみで仕込む、

軽すぎない程よい重さをもった層の

まるで旨味で出来てるんじゃなかろうかと思うほどに風味の濃い、

自分で作るクロワッサンが大好きだ。

トップの写真↑を焼成後と思う方は多分いらっしゃらないとは思うけど

焼成前二次発酵後の写真です。

この生地を焼くとこうなります。

26683

ザクっとサクっとしたクラストの感じ伝わるといいな。

恐ろしいほどにザクサクフワしっとり系です。

今回はいつものレシピを変えて

生地の配合をシンプルに

折り込み用のバター量もかなり控えめにしています。

料理と食べて重すぎず、食事パンとして

シニアのパパでも

罪悪なく楽しむことができるクロワッサンを目指しました(笑)。

罪悪感なく・・・ちょっと待った、

これは言いすぎた(笑)

さすがにいつものライ麦パンと比べたら

そりゃ高カロリーにもなりますのでね

罪悪感もほどほどに感じますが

東京でも指先が赤くなるほど冷える冬。

このバター折り込みのパンを楽しまなくていったい何を楽しむのか。

と言うことで

今年の冬も毎年恒例、堂々と順調に肥えています。

も~、食べすぎて太っちゃった!と言えることは

ある意味私にとり幸せなこと。

と、高カロリー摂取の言い訳が書けたところで

26675
えっと

もう一つ発酵待てなかった内層だけど

そんなの気にしない。
※少しは気にしましょう(笑)。

バター量を控えめにした(割りの)想定内。

今年私も50になるのでね

これからはバター量は増やすのではなく減らす方向で仕込み

折り込みを変えながら少ないバター量でもそれなりの層を作りつつ

粉と酵母と発酵バターの組み合わせの代表的なこのパンを

風味濃く楽しみたい。

カロリーを少しだけおさえ私達夫婦用に仕込んだけれど

結局のところ一番食べてくれるのは愛しい一人娘のヒナ。

好き嫌いなくなんでも食べて

率直な辛口の感想を遠慮なく言い作り手の母親を凹まし、

辛口なくせに誰よりもお代わりをしながら完食して、

お腹いっぱいになると寝ちゃうような20歳です。

ね、可愛いでしょう~(笑)。
↑親バカ

この週末、バタバタしている家族が久しぶりに全員揃い

ゆっくりした時間を過ごしています。

26672

買い出し前の残り野菜と、地場の野菜を使った、

朝と昼~午後食兼用の食事。

じゃが芋のマッシュと
ブロッコリーのクタクタ煮とトマトソース。
これをぐちゃぐちゃにして食べると最高。
野菜ってそれだけで甘くて深い。

手前は地場野菜のプティベールとスモークサーモンのサラダ。

地味に中央にいる葱のマリネ、実はこれが一番好みだったり。
酒粕酵母を加えたマリネ液に焼き葱をドボンで
あとは時間が美味しくしてくれる。

自家製マヨドレをひいて
地場野菜のラディッシュのせただけのそのままサラダ。
食感も香りも甘みも根っこも最高。
ホントはマヨドレもいらないほど。

その横にあるのは人参と春菊と胡桃の和風サラダ。
春菊ってホントに好き。香りがそのまま美味しい調味料に。

こんな、作り置きだったり即席だったりの野菜料理を作っていたら

パパがのそ~とボケ~と何の用事もないのにやってきて

お酒が飲みたくなる料理だねとだけ言ってさって行くから

こりゃ、久しぶりのゆっくりとした休日に飲みたいのねと

デキた嫁のあんこは(笑)、

出す予定のなかった鶏のグリル焼きを一品足しました。

塩と酒粕酵母と発酵玉葱に数分漬けて

南部鉄器で皮に焼き目をつけてからそのままオーブンへ。

ちなみに愛用している南部鉄器はこちら。

【送料無料】南部鉄器(岩鋳)
プロ・アルテシリーズ・グリルパン(取っ手なし)

このまま食卓にも出せるし波目模様がとても好きで

これで焼くとテンション上がります。

時間かけて内容のない話をして笑って食事をして

このブログを書いている今、

夕方過ぎまでお腹いっぱいが続いてるのに

頭の中はお夕飯何にしよ~と思ってる。

想像だけで肥えそうなくらい食べ物のことばかり考えながら

今日の話はここでおしまい^^

ごちそうさまでした。

ankoさん(@bochun_cafe)が投稿した写真 -

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
あんこ著
河出書房新社

楽天
Amazon

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初版部の訂正をお願い申し上げます。

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
シナモンロール内、P63のレシピページの、

巻き込み用シナモンシュガーレシピの
シナモンの量の訂正になります。

誤)60g
正) 6g

よろしくお願い致します。

ご迷惑とお手数をおかけいたします・・・!

ぼっちゅんcafe
あんこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年1月11日 (水)

ガレット・デ・ロワ2017~自作とお店のガレット・デ・ロワ~

2619
[ 2017年 ガレット・デ・ロワ ]

今年もガレット・デ・ロワ焼きました^^

せっかくなので少しずつ集めているフェーブも

年一回の表舞台で全員集合。

フェーブをひいたのは娘。

娘が引く確率高いです^^

26175
はい。

毎恒例端っこ焦がし焼きです(泣)

焼成方法変えなくちゃ。

毎回、模様入れまでの全ての工程が終わると

焼成前で緊張感がとけてしまう^^;

こんなことではダメだよね

大好きなガレット・デ・ロワ、

少しでも前進できるようがんばります!

ちなみに模様入れで使用しているナイフはこちらと

同じ形状のものになります。

Victorinox ビクトリノックス 
平刃パーリングナイフ8cm[ブラック・6.7603E-BK]

手の中におさまるサイズ感もちょうど良いです^^

26173

ということで話を変えます。(はやいっ)

今年、少しずつ集めているフェーブ達の中に

どうしても加えたかったあるお店のフェーブが加わりました。

あまりにも自作のガレット・デ・ロワと違うのでね

同じ記事内でのご紹介はやめようかと

邪な気持ちもありましたが(笑)、

それよりも少しでも早く皆さんにご紹介をしたかったので

恥をしのび載せちゃう。

26612

キセキ的にゲットできた、

ブーランジェリースドウさんの大人気のガレット・デ・ロワ。

毎年毎年、予約開始時に主人を巻き込み

予約電話をしてきましたが

これまでやっとこ繋がった~と思ったら完売続きで

なかなかなかなかなかなかっ

いただくことができなかったスドウさんなのですが

今年、仕事で巻き込めなかった主人の代わりに

代打で生意気娘が登板してくれることになり(笑)、

なんと彼女!

初登板、初参戦でなんなく予約完了!

ヒナ、やりました(笑)

多分今年の運を全て使い果たしたと思うよ

なので今年も彼氏できないよ、きっと(笑)

その“彼氏”と引き換えにわが家にやってきたガレット・デ・ロワ。

昨晩、箱から出して娘と

おおおおおおお~~~っ

と叫びました。

美しいです!

美しいなんて簡単な軽い言葉であらわせない重厚感。

しばらくガン見。
↑するよね(笑)

もうちょっとだけガン見。

さらにしつこくナイフ入れの深さ、端の処理、上下の生地のバランス、

底、焼き込み諸々、

それこそガン見だけで溶けるのではないかってほどに

ガン見しまして

今か今かと待ちくたびれた娘に

早く切りなさいよ

と催促されてやっとこ切りました。

あまりの美しさに本当にカットしてもいいのだろうかと

本気で悩みながら。

それでね

一口食べて

見た目の美しさを上回る美味しさで頭の中がいっぱいになりました。

生地の軽い重みを感じながらほろほろっと一瞬にしてほどけて

これまた香りもすばらしいダマンドと一緒になり溶けていく。

ボキャブラ少なくてすみません。

とにかく美味しいの。

そんでもって

こちらは朝ガレット・デ・ロワ。

26613
泣きたいくらいにカット面もすばらしい。

そして

今年もやります。

このブログ名物の(笑)、ドヤ持ち食べ。

26611_2

とにかく一体感が醸し出す“味”がものすごく好み。

そして最近、誤飲等の危機管理からか

フェーブをガレットの中に入れず、別入れにするお店も増えている中、

スドウさんではちゃんとフェーブをなかに入れて焼いてくれています。

そして受け取りに伺った主人から話をきくと

フェーブのことについても

お店の方から丁寧な説明をしていただけたとのことです。

もちろん箱にも説明書きがあります。

でね

今回のフェーブ。

昨晩食べた時は現れず

朝ガレットでの2回戦で現れました。

26631

ひいたのはパパ。

苺だ!可愛いね~

と満足そうに珈琲を飲み干して二階へ行きましたが

その後

なんだ~パパが引いちゃったよと裏を見たら

2663

トマトちゃんではないか(笑)

トマトちゃんだったというオチもついたところで

今年の一発目のガレット・デ・ロワの話はここまで。

ankoさん(@bochun_cafe)が投稿した動画 -

参加しているインスタグラムに
ガレット・デ・ロワ模様入れの動画をUPしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
あんこ著
河出書房新社

楽天
Amazon

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初版部の訂正をお願い申し上げます。

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
シナモンロール内、P63のレシピページの、

巻き込み用シナモンシュガーレシピの
シナモンの量の訂正になります。

誤)60g
正) 6g

よろしくお願い致します。

ご迷惑とお手数をおかけいたします・・・!

ぼっちゅんcafe
あんこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2017年1月 3日 (火)

酒粕酵母のクーロンヌ・ボルドレーズとお正月にピザも食べたい!

26313

[ お節とクーロンヌ・ボルドレーズ ]
/クーロンヌ・ボルドレーズは酒粕酵母使用。

あけましておめでとうございます!

今年も『ぼっちゅんcafe』をよろしくお願い致します。

と、言うことで

2017年初焼きは発酵過多のクーロンヌ・ボルドレーズ。

重箱サイズにあわせていつもよりも小さめサイズです^^

1月2日に焼きました。

2631_2

こちらは焼成前。

ライ麦配合の生地は風味も味わい深くとても美味しくて

何より薄く伸ばした生地がめくれた香ばしくてカリカリの食感と

丸パンのしっとりほわほわ両方味わえるたまらないパンです。

だけどね、新年早々、

ちょっと外出していた時間にあっと言う間に発酵過多。

酵母は酒粕。

やはり旬の食材酵母はその旬に強い。

極寒の部屋でぐんぐん生地を育ててくれて

生地完成時間の予想を外した~^^;

このパン焼いて

きっと今年も家の一人の台所で

あちゃー!やってしまったーー

とか言いながら騒がしくパン焼きするんだろうなと確信しました(笑)

そして本日、1月3日は、、、

26322

[ ボロネーゼピザ ]
/レーズン酵母

生意気娘が、ピザ食べたい!

ピッザ、ピッザ!とずっとうるさいのでね

お正月にピザ焼いて食べています^^;

あまりにもピザ・ピザとしつこいので

ソースのボロネーゼは娘に作らせました。

トマト缶とひき肉たっぷりボロネーゼ♪

ちなみにトマト缶は大好きなこちら。

モンテベッロ(旧Spigadoro スピガドーロ)
有機ダイストマト缶 400g×24個(1ケース400g×24缶)【送料無料】

このソースがね

とても美味しかった!

この後チーズをのせたり、

焼成して味が濃くなることを予測して作ったのか

それは定かではありませんが、

ピザとして完成し、食べた時の味の濃さ・バランスが調度良い♪

あえて、あれこれのせずにボロネーゼとチーズのみ。

自家製酵母のもっちもちで端っこバリバリに焼いたクラストが

たまらなく美味しい!

野菜は後方にぼやけ~~と写ってるサラダ山盛り。

ブロッコリーとトレビス、紫玉葱に胡瓜とセロリの

発酵玉葱入りガーリックサラダ。

お腹いっぱい。

もうダメ、もうしばらくは何も入らないよーと

パパはお正月で昼間からピザとビールで昼食をとった後

2階の自分の部屋に行っちゃいまして

残った女2人(娘とあんこ)は

お腹いっぱいもう何も入らない!と言ったすぐ後に

じゃ、今度は甘いピザ作ろうか、と。

デザートもピザ(笑)。

2632

ボロネーゼピザと同じ生地を使用。

違うところは生地をサクっと軽くソフトに仕上げたいので

フィリングをのせる前に生地のみ少し焼いて

チョコソースと果物は焼きすぎずに焼成し完成。

成形はたっぷりのチョコソースが流れ出ないように堤防成形。

下焼きし、ふっくら膨らんだ生地にチョコレートで作ったソースを流し込み、

このソースがね、ラム酒が効いてクラクラするほどに魅力的な香り。

そこに熟バナナをスライスしてラズベリーを散らして焼き、

あっつ熱のチョコピザの上に

年末のセールで購入しておいた、

レディボーデンのバニラをのせて完成。

26321_2

やだー♪

美味しいに決まってる(笑)。

濃厚チョコソースとバニラのアイスクリーム、

少し焼かれたバナナとラズベリーがアクセントになって

あれほどお腹いっぱいだったのに2人とも2枚ずつぺろりと食べて

大好きなルパン鑑賞。

あ~~

いい!こんなお正月大好き。

昨年20歳になった娘と

いつまでこんなふうに、

ダラダラした愛しい家族水入らずのお正月を過ごせるかな。

例え、態度デカイ・声デカイ・生意気の三拍子そろって

男の子は全て友人になってしまう娘だけれど

いつかは好きな人ができてこの家から出る日もくるのではないかと。

くるのではないかと。
↑大きく2回言った(笑)

多分(笑)。

もうね

この先、好きな人ができたら自分の思うようにすればいい。

パパとママはそれに協力をするだけ。

彼女の選ぶ人ならば、

娘も選んだ人を幸せにするし

まだ見ぬ彼も娘を幸せにしてくれる人だと信頼してる。

ただそれまではママとの時間もこんなふうに過ごしてほしいな。

娘としかできないダラダラ、ぐうたらのお正月。

何も言わなくても次したいことやりたいこと

食べたいものがわかるし好みが一緒(笑)

2人でお節作った時に

母親の言ったことをちょっとは覚えていてくれて

自分の家庭ができたときに活かしてくれたら最高。

年始めはなぜかしんみり

来るか来ないかもわからない未来を思い

一人目頭熱くしてブログ書いてます(笑)。

今年も自家製酵母のパン作り、お菓子作りの他に

こんなアホ親の独り言も多々あると思いますが

どうぞ2017年もこのブログに遊びにいらしてください。

お待ちしております!

よろしくお願い致します。

1月3日大安!

いいスタートきれました^^

健康で、

穏やかに、

充実し、

素敵な一年でありますようにと欲張って

今年最初の記事、今日はここまで。

ぼっちゅんcafe
あんこ

ankoさん(@bochun_cafe)が投稿した写真 -

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
あんこ著
河出書房新社

楽天
Amazon

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初版部の訂正をお願い申し上げます。

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
シナモンロール内、P63のレシピページの、

巻き込み用シナモンシュガーレシピの
シナモンの量の訂正になります。

誤)60g
正) 6g

よろしくお願い致します。

ご迷惑とお手数をおかけいたします・・・!

ぼっちゅんcafe
あんこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »