« 自家製酵母の生チョコシフォンケーキ。 | トップページ | 酒粕酵母のクロワッサンと簡単おめざ。 »

2016年12月14日 (水)

ライ麦80%のライ麦ショコラと焼き林檎、小さいケーキ屋さんの話。

26012
[ ライ麦ショコラ ]
/ライ麦ルヴァン液種

師走に入ったな~と思っていたら

すでに中旬!

毎日、時間ばかりが過ぎるのが早くて

こんなことでちゃんと年越しができるのかと

ちょっと不安なあんこです。

ということで

お久しぶりです!

相変わらずにライ麦パンばかりを焼いてます。

メインにしているライ麦はこちら。

石臼挽きライ麦粉 (全粒粉) 2.5kg
【北海道産 江別製粉】【国産 パン ライムギ
ライ麦100% 種 レシピ ホームベーカリー 収穫】

このライ麦をベースにして

ダークなクーベルチュールを濃厚に配合したライ麦パン、

ライ麦ショコラを焼きました。

ライ麦80%。

ライ麦の香りとその食感と

ほろ苦ダークのクーベルチュールの香りがあう!

しっとりほろほろと

まるでチョコレートケーキをいただいているようなのですよ。

2600
ちなみにカットする前のゴツさ際立つクラスト(笑)。

ライ麦パンは繊細さのかけらもないような自然に割れた、

こんなクラストが大好きで

食べるとそのゴツさのイメージを打ち消す

繊細な香りと食感と味のミスマッチな感じがたまらない。

2601

アクセントに洋酒漬けのレーズンを少しだけ。

ライ麦ルヴァン種使用、

ライ麦高配合パンに対応する製法で焼いています。

焼成をして2~4日目が食べごろ。

時間経過で違った美味しさが味わえます♪

そんなわけで

数日楽しんだライ麦ショコラ、残り1/3は

26021_2

紅玉で焼き林檎を作ってたっぷりのせていただく♪

林檎をくりぬいた中には

オーツ麦や種子を砕いたものと洋酒漬けのドライフルーツ、

シナモンとティースパイスとバター、自家製バニラエクストラクト、

甘みは蜂蜜で仕込んだフィリングをたっぷりと詰め込んで

オーブンでじっくりと焼きます。

ゆっくりと焼くことで林檎の甘みが濃ゆくなりとても美味しい。

お手軽に時短でレンジでチンもいいけれど

機会がありましたらオーブンでじっくりと焼いてみてほしい。

甘みや旨味が全然違うものになるから。

数年前に電子レンジが壊れてから

わが家にはレンジがありません。

レンジってあればあったで便利だけれど

無ければないでそれほどの不便はありません。

蒸す時は蒸籠で、

お肉や魚の解凍も自己流の室温解凍方法で数分で可能。

ちなみに炊飯器もありません。

ご飯を炊くのは土鍋、または厚いお鍋で。

もちろん主人や生意気娘も鍋でご飯を炊きます。

炊く前にお米にしっかり吸水をさせてあげることと

ガス火の調節、時間だけ気をつけていれば

炊飯器でご飯を炊く時間より短縮できて

お米一粒一粒がたってとても美味しく一石二鳥。

しかもお手頃価格のお米も美味しくなるから一石三鳥か(笑)。

レンジや炊飯器がおいてあった場所は今では作業台に。

小さい家で小さい台所のわが家で

このスペースはかなり重宝するのです。

焼き林檎から大きく話がずれて今回はここまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけの話。

先日、所用があり娘と西荻窪方面へ。

せっかくだから大好きなカレー屋さんでカレーを食べて

気になっていたパン屋さんにより、

パパと待ち合わせをしている場所へ歩いていた時に

小さいケーキ屋さんを見つけました。

娘と二人、

あれ?この場所にケーキ屋さんなんてあったかな?

と、中を見た時にケースに美しく並べてあるケーキと目が合って、

ケーキを購入する予定はなかったのについドアを開けちゃった。

シェフの方と10月中旬に開店されたことや雑談をさせていただいて

シェフの方の穏やかなお人柄にふれ、

ケーキはもちろん、また伺いたいなぁと思ってしまう、

激戦区の西荻で根付いていただきたいなぁと

生意気なのですが微力ながら応援したい気持ちに・・・。

26014

持ち帰る時に大雑把な娘が斜めにし

美しいケーキが少しだけ崩れてショック。

ちなみに苺とピスタチオのケーキは写真を撮る前に

待ちきれず食べちゃって写ってません(笑)。

チョコレートとキャラメル。

きちんとした甘さがよりシンプルな素材を際立たせて

チョコレートのケーキはもちろんだけど

キャラメルのケーキの美味しさに娘と二人うっとりしちゃった。

台にしてあるメレンゲの甘みが

ちょうどよくほろ苦なキャラメルの味や食感共にしっかりまとめてる。

あれやこれやいろいろなものを付けて飾り付けていない、

潔い中身やビジュアルも好み。

駅から少し離れた場所にあるこちらの小さなケーキ屋さん。

機会がありましたら店主のお人柄にも触れて

西荻散策をより素敵なものにされてはいかがでしょう。

Patisserie Hiroya Minamisawa

※ブログ、ネットでのご紹介をご快諾していただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
あんこ著
河出書房新社

楽天
Amazon

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初版部の訂正をお願い申し上げます。

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
シナモンロール内、P63のレシピページの、

巻き込み用シナモンシュガーレシピの
シナモンの量の訂正になります。

誤)60g
正) 6g

よろしくお願い致します。

ご迷惑とお手数をおかけいたします・・・!

ぼっちゅんcafe
あんこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 自家製酵母の生チョコシフォンケーキ。 | トップページ | 酒粕酵母のクロワッサンと簡単おめざ。 »

スイーツ」カテゴリの記事

ハード系パン」カテゴリの記事

+α」カテゴリの記事