« かぼちゃのパイ、ガレット・デ・ロワ風とその他いろいろ。 | トップページ | ライ麦80%のライ麦ショコラと焼き林檎、小さいケーキ屋さんの話。 »

2016年11月21日 (月)

自家製酵母の生チョコシフォンケーキ。

25041
[ 生チョコシフォン ]
/干あんず酵母

自家製酵母のチョコレートシフォンケーキ。

酵母シフォンは油分無しで仕込みます。

シフォンの種類問わず

長時間の水和と発酵でオイルを使わずともしっとりと美味しい^^

チョコレートシフォンケーキ。

これまでチョコ星人娘のために何度も焼いてきたけれど

それはふわふわを求めた普通に美味しいシフォンになっていて。

だけど

シフォンを焼くのだから

ふわふわは当たり前で、しゅわ~と溶けてくのも基本。

せっかくチョコシフォンを焼くのだから

生意気娘をギャフンと言わせるシフォンじゃなくちゃ

長くシフォンを焼いてる意味ってもんがないってことで

そんなわけで今回のこのシフォンは少し別もの。

別ものだけど

シフォンの口溶け食感は守ってる、

絹とカシミアみたいな食感^^

しっかりとクーベルチュールを乳化させて作った生地は

恐ろしいほどたっぷり配合したクーベルチュールの重さもなくて

自家製酵母で長時間の水和と発酵をした生地は

粉の存在を忘れるほどに軽くしっとり

口に入れた瞬間に濃厚チョコとともに

しっとりしたエアリーなチョコみたいにしゅわ~と溶けてく。

チョコ星人の生意気娘から

余計なもんは加えずにチョコのみで美味しくよろしく!

と上から目線のリクエストで

小さい子供もいない、

大人ばかり3人家族のわが家で焼くチョコシフォンは

カカオ成分が高いビターなクーベルチュールを使用して

乳製品も加えずすっきりと

濃厚だけど後味すっきりな生チョコ系。

愛用しているクーベルチュールはこちらです。
《不二製油》クーベルチュールビタースイートフレーク【1kg】

25043

家で作るおやつで使う卵は3個までと決めています。

卵を増やせば生地はもちろん安定し作りやすくもなるけれど

要は、焼成し冷ました後に、

使用している17cmのシフォン型の高さをたもっていれば

美味しさも保証でき見た目もセーフ。

卵は季節により水分含有量等が違います。

その卵で作るメレンゲを安定させて作ってあげたら

チョコ配合等の重めの卵黄生地であっても膨らんでくれる^^

ちなみに使用してる卵はスーパーで買う一番安い特売卵。

高価で美味しい卵を使って美味しいものを作っても

毎月決めてる食費をこえたらそれは自分の中でのプロ主婦失格で。

卵にかけるお金はココまでと決めてるわが家にとって

特売卵といっても贅沢品(笑)。

2504

というわけで

生チョコシフォンケーキ、美味しく焼けてよかった。

この底の部分が大好き。

そして25年以上使用していつ購入したか定かでないほど愛用してる、

このシフォン型の幅が好き。

落としたりしてところどころ凹んだり傷だらけの型だけど

それも味になって私の手や気持ちにも馴染みます^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
あんこ著
河出書房新社

楽天
Amazon

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初版部の訂正をお願い申し上げます。

「自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ」
シナモンロール内、P63のレシピページの、

巻き込み用シナモンシュガーレシピの
シナモンの量の訂正になります。

誤)60g
正) 6g

よろしくお願い致します。

ご迷惑とお手数をおかけいたします・・・!

ぼっちゅんcafe
あんこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« かぼちゃのパイ、ガレット・デ・ロワ風とその他いろいろ。 | トップページ | ライ麦80%のライ麦ショコラと焼き林檎、小さいケーキ屋さんの話。 »

スイーツ」カテゴリの記事

+α」カテゴリの記事