« お知らせと、少し大きめシナモンロール。 | トップページ | 全粒粉配合ベーグルとプレゼントロデブ。 »

2014年2月25日 (火)

ライ麦ルヴァン種ロデブ。

4048

[ ロデブ ]
ライ麦ルヴァン種20%
加水>水85%
未発売の粉+アーレファイン
塩・粗糖

ライ麦ルヴァン種でロデブ。

いただいた未発売の国産準強力粉に

アーレファイン20%配合して焼きました。

捏ねてるとき、

これは準強力粉??か?ってほどに
跳ね返りがあって水をどんどんと吸い上げます。

水分を粉にちゃんと吸水させてあげることが
加水高にする意味を持つことなのかなって思います。

2次発酵後、予熱待ちの生地はこちら。

4041

成形はいつものあんこ的ズボラ成形、

パタンぱたんと三つ折りしまして、とじ目クープ。

とじ目クープにするときの

あんこ的一口メモ、

三つ折り最後の上にかぶせる生地の端っこを
少しだけ抑えてから本体にのせて2次発酵させます。

オーブン予熱が終わる少し前に

とじ目を上にして少しだけ予熱待ちをさせます。

この、少しの時間にとじ目が少しずつ開いてきます。

この開いたところからクープが割れエッジが立つ。

4047

エッジが程よく薄めに立ち上がって焼きあがってくれまして

このエッジ部分のカリカリ食感も美味しく楽しめます((w´ω`w))

4042

そんな昨日焼きあがって一日寝かせたコチラのロデブは

久しぶりに3人揃った朝食でいただいた。

今日は少しだけ暖かい?って

4044

こんな日は野菜をむしゃむしゃ食べたくて作ったパンサラダであります。

4045

4043

パパとヒナはこのロデブを食べて

この粉、気に入った!:ヒナ

とか(笑)

甘い粉だね~:パパ

とか、わかったふうにいっちょ前な美味しい感想いただきました^^

数値で見るとものすごくバランスのいい粉は

実際、パンにして焼いて食べて

これは美味しいと、、

しみじみ美味しい、と甘さを感じる粉でありました。

加水高の水分をきちんと受け止め吸水し焼きあがったパンは

一晩寝かせ旨味が膨らんでものすごく美味しい。

今日も美味しく食べることができてよかった。

ごちそうさまでした。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●

4046

自家製酵母を育てて、

毎日その手作り酵母でパンを焼いて

こんなふうに一切れのパンを
ちぎって口に入れて食べ楽しんできました。

その毎日同じようなものばかり焼いて食べて

パパに買ってもらった激安のイチデジで写真を撮れる事も嬉しくて

少しずつ自分好みの写真が撮れるようになってきて

その毎日の楽しみを自分の場所として残してきて

そんなブログを、数年前に見つけて下さった編集者さんと
本を作ることができました。

皆さんの焼くパンにそれぞれの物語があるように

あんこの焼くパンにも物語があります。

ただのパンじゃないんです。

自分の好きな瓶でワクワクしながら酵母を育てて

美味しいかなって思う粉で生地を作って

どうしたら少しでもこの粉の良さがでるだろうか
出せるだろうかって想像しながら。

焼きあがったパンをオーブンから取り出して

いっちょ前にわかったふりして

ボロボロの軍手をつけてパンの底を叩いて。

そのボロボロになった軍手も

自分がパンを焼いてきた証拠でなんとなく嬉しくて

うんうん、いい感じに焼きあがったって生意気に思ったり。

あんこにとって代わりのないブレッドボードにのせてそれをカットし

やっと口にできるパン。

そのパンを取り巻くその全てが自分にとって大切なこと。

その全てをあんこ以上に大切にしてくださって

あんこさんの本を作りましょうって

ダラケたあんこのお尻を叩いたり褒めたりしてくださりながら

お互い、いろいろなバックヤードを抱えながらやっとこ出来た本は

かなり面倒くさい本になったと思っています。

あちらこちらに思ったこと伝えたいこと

少しでも一つでも本を手にしてくださった、読んでくださった方が

その時に“ああ!ならばこうしてみよう”って

考えるキッカケであって欲しいと。

これまでのあんこの独学の中の自家製酵母生活で

一番自分を押してくれたのは

手にして読んだ本の中のレシピではなく

その中にある少しの背景やヒントでした。

少しのヒントでその先が広がって手作り酵母を楽しめている自分です。

本を作れる事になった時、書きたいことがありすぎて

その過程で、

テキスト量が多いから削ってくださいと何度言われたことかしれません。

削ったあとでそれをどう読み取ってくださるか

目の前で、目と目を見つめて話して一緒に酵母を育てていれば

その時の言葉をストレートに伝えることができるけれど

たった1冊の本ではそれはとても難しい事だと思っています。

読んでくださるお一人お一人に託すしかありません。

結果、小さい文字でぎっしりと

老眼の進んだあんこ自身、眼鏡をずらして読む本です。

ブログへのコメント・インスタグラム・Twitterで

この本をヒントにたくさんの皆さんが

パンやお菓子を焼いてくださっています。

丁寧に作ってくださった美味しそうなパンやお菓子。

“あんこさんのレシピ、美味しい”って書いてくださいます。

だけど

それはちょっとだけ違って

美味しく焼けたパンやお菓子になったのは

焼いてくださったアナタが美味しく焼いてくださったからであります。

本当に本当にありがとうございます。

面倒くさい本をお読みくださり感謝です。

「スボラでOK!手作り酵母のパンとお菓子」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

、、、と、

こんなカッコいいこと書いてるあんこでありますが
多々訂正もご迷惑お手数おかけしてしまったのも事実です。

水面に出たものが全てだと猛省しております。

こちらの記事に詳細書いてあります。
ご一読していただけましたらとても助かります。

399_4

宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらだけ応援を宜しくお願い致します^^


レシピブログに参加中♪


いつも元気いただいてます。
応援していただけることに感謝いたします!

あんこ

                

|

« お知らせと、少し大きめシナモンロール。 | トップページ | 全粒粉配合ベーグルとプレゼントロデブ。 »

ハード系パン」カテゴリの記事

+α」カテゴリの記事